最近の企業

パソコンとコールセンターの女性

会社や事業所に必要なビジネスフォンというのは1960年代に電話の普及により大きな会社や事業所には複数の電話が必要となるのと、同じ建物の中にあっても部署の違う人への連絡に使うための内線が可能になったことでビジネスフォンができました。 また、大きな会社や事業所ではたくさんの電話機が必要となり新しいものを購入するとなるとかなり金額も高くなり、時期が来て古くなったり故障が目立つようになって全部を取りかえる必要が出てきたときにも一度に大きな費用が必要となるため、リースをすることもできるようになりました。 それに、リースをすることで一定期間が来ると交換をしてもらえますし、いつでも最新式の電話機を使う事もできるようになったのです。

それでは、ビジネスフォンの今後はどうなるのでしょうか。最近はどこの家庭でももちろんですが、会社でもインターネットを利用しています。そのインターネットも電話回線を利用しているところがほとんどのため、ISDNからADSLそして光と回線の変化がみられ、そのたびに設定を変更したり、工事を依頼したりするのは大変な事になるので、最近のリース会社はそういった切り替えもしてくれるのが当たり前のようになってきていますが、更にこれから変化していくとしたら全体としての毎月かかる費用が今後は更に安くなるでしょう。 また、格安のビジネスフォンが更に増えてきてリース代金の値下げ競争のようになり、1台でも多くレンタル会社はリースしてもらうために更に努力をしなければならないでしょう。