リースの際は

青いウインドウ

多くの企業が、コピー機をリース若しくは購入し使用していると思います。大企業や行政機関などは、何十台という台数を使用しています。そのようなか中で、コピー機をリースする際には、多くの業者が取り扱っているためどれにするか迷います。価格はもちろんのこと、複合機として、ファクスやスキャナー機能の仕様を比べて見たり、印刷スピードやウォームアップの時間などを重んじる場合もあるかと思います。ただし、それらの機能は、どのメーカーでも取扱っているものです。 そう考えると、これからのコピー機をリース等をするにあたり、いかに用紙を削減できるような機能があり、自然環境に良いか、また、個人情報や企業の情報の流失を防ぐ機能があるかが着眼点になる気がします。 コピー機のリースをする際は、プロポーザルなどでよく比べて機種を決めるべきです。

コピー機をリースしている企業が多いです。コピー機自体が日々進化しているということもありますが、リース契約にすることで、期間が満了した時点で最新のモデルへの切り替えも可能になります。 購入すると、どうしても故障するまで使い続けなければならないと考える企業も多く、そのために最新のパフォーマンスができないコピー機を持ち続けている企業もあります。 逆に営業の立場からも、リース契約の場合には、最新機種の販売とともに最新のコピー機への切り替えの提案をしやすいというメリットがあります。リース期間中でも営業の提案等を受けて、リース料は多少上がるものの、最新のパフォーマンスが可能なコピー機をすぐにでも導入することができます。